石垣島に遊びに来たなら、かわいいウミガメに会いたい!そう思っている方必見!
ウミガメの種類やどこに行けば会えるのかなど、石垣島のウミガメを詳しく解説します♪

石垣島のウミガメと出会う方法は?

石垣島は亜熱帯気候なので、どの季節でもウミガメに会える可能性はあります。その中でも、産卵時期の夏(5~9月)がベストシーズン!

最も高確率でウミガメに会えますので、ぜひ夏を狙って石垣島に遊びにきてくださいね。ウミガメがいる海のポイントは、石垣島にたくさんあります。

石垣島の海は場所によって特徴があり、どこでウミガメに会いたいか決めるのもワクワク。ウミガメウォッチングができるシュノーケリングのツアーもたくさんありますので、初心者でも大丈夫!

ぜひツアーも活用して、かわいいウミガメに会いに行きましょう!

 ウミガメの種類

石垣島では、「アカウミガメ」「アオウミガメ」「タイマイ」の3種類のウミガメが見られます。世界には7種類のウミガメがいて、そのうち日本では5種類見られるといわれています。

なんと、日本で見られるウミガメ5種類のうち3種類は石垣島の海にいるのです!石垣島に行くだけで、日本のウミガメのほとんどを拝めるのはスゴイですね。

この3種のウミガメたちの特徴を簡単にご紹介します。

アカウミガメ

大きな頭を持つウミガメで、甲殻類や貝類もその強いアゴで殻ごと食べてしまいます。肉食かと思いきや、海藻も食べるので雑食です。

アカと言われるだけあって、甲羅の色は赤っぽく、成長すると甲羅の大きさは70~100cmほどになります。

甲羅の形はハートで、フジツボなどの付着生物が見られることが特徴。

日本は、世界でも有数のアカウミガメの産卵地で、日本本土や石垣島など広範囲で確認されています。日本で生まれたアカウミガメは、なんとメキシコのカルフォルニア半島沖まで泳いで行き、エサをたくさん食べ大きくなります。そして再び日本に戻ってくる外洋性ウミガメなのです。

産卵シーズンであれば、浅瀬にもいる可能性があるので出会える確率もアップします♪

アオウミガメ

アオウミガメは、甲羅が青いからアオウミガメっというわけでなく、脂肪が青い(実際には緑に見える)ことからその名がつきました。

肉食なウミガメが多い中、アオウミガメは海藻が大好きな草食動物です。(赤ちゃんのときは、エビやクラゲなども食べる雑食)

脂肪が青いのは、好んで食べる海藻の色素が沈着しているからなのです。
アオウミガメは、甲羅の大きさが80~110cmと世界のウミガメの中でも大きい部類に入ります。
石垣島では、シュノーケリングなどのマリンアクティビティでよく出会えるウミガメ。
頭は小さめで、甲羅は丸みがあり光沢もあるのが特徴なので、ぜひ探してみてくださいね♪

タイマイ

「べっ甲」を見たことある人もいるかと思いますが、その材用になる甲羅を持つウミガメがタイマイです。
シュノーケリングでもよく見ることができますよ。
甲羅の縁が、ギザギザのこぎり状なのが特徴です。
アカウミガメやアオウミガメに比べると甲羅の大きさは、60~80cmくらいと小ぶりです。
くちばしが尖っているのも特徴で、サンゴとサンゴの間に顔をつっこんで餌を食べるためです。
石垣島の海では、アオウミガメが最も出会う機会が多いのですが、その次に遭遇しやすいのが、このタイマイです♪

ウミガメの生態・生息時期

カメは2億5000年前も昔に陸上に誕生し、生活していました。
そのうち、陸に住んでいた一部のカメは、海に生活拠点を変えたので、手はヒレのように、甲羅は水の抵抗を抑えるために流線形に進化したのです。
ウミガメの歴史は長く、およそ1億年前には存在していたことが確認されています。
ウミガメは、その種類によって生息地域が違います。
石垣島で出会えるアカウミガメは沖合に、アオウミガメは沿岸に、タイマイはサンゴ礁の海を好みます。

ウミガメは1年中出会うことができる生き物ですが、石垣島のベストシーズンはウミガメが島に近づく5~9月の産卵時期!
1年のうちこの時期を狙った方が、より高確率でウミガメを見ることができます。
石垣島のビーチでは、ウミガメの産卵が多数目撃されています。
もし、ウミガメが産卵しているところに出会ったら、静かに見守ってあげましょう。
ちなみに、ライトを使用するとウミガメが帰る方向を間違ってしまうので、気をつけてくださいね。

ウミガメが住んでいるスポット

石垣島のどのあたりに行けば、かわいいウミガメに会えるのでしょうか。
ウミガメが住んでいるスポットをご紹介します!

大崎ビーチ

ウミガメに会うならココ!大崎ビーチです!!
サンゴがたくさんあり、透明度抜群の海はシュノーケリングスポットとしても最高です。
石垣島の北西部にあり、市街地から車で約30分と少し遠いのですが、ウミガメを見に行くなら外せないスポットです。

奇跡の島「バラス島」

バラス島は、石垣島から船で約40分、西表島から約10分の距離にあり、サンゴのかけらでできた真っ白い島です。
島周辺のサンゴのかけらが、徐々に堆積してできた世界的にも珍しい場所です。
バラス島のような島は、世界に存在が2ヶ所しか確認されておらず、もうひとつはオーストラリアのグレートバリアリーフです。
「奇跡の島」と言われているのは、地図にもなく、干潮時にしか姿を見せない島だからなのです。
ウミガメ遭遇率が高いことでも人気スポットなんですよ。

石西礁湖

石西礁湖は、国内最大規模のサンゴ礁帯です。
石垣島と西表島の間に南北約15km、東西約20kmにも広がります。
サンゴの種類は実に400種を超え、さらに熱帯魚もたくさん生息しています。
ウミガメと出会いやすいスポットもあり、マンタも住んでいる地帯です。
まさに海の生き物パラダイスです♪

米原ビーチ

米原ビーチから海に入るとすぐサンゴ礁があり、シュノーケリングのおすすめスポットです。
市街地から車で約30分の距離ですが、ウミガメの遭遇率は高いのでシュノーケリングツアーでも人気の場所です。
流れがはやい場所もあるので、流されないように十分注意してくださいね。

幻の島(浜島)

幻の島は、干潮時のみ上陸可能な島で、白い砂浜とエメラルドグリーンの海がSNS映えすると大人気!
CMや雑誌の撮影などにも使われる幻の島は、ウミガメのシュノーケリングスポットとしても知られています。
ウミガメの他にもサンゴやカラフルな熱帯魚がたくさん見られます。
ここに行くには石垣島から船で約30分。ただし、定期船はないのでツアーに参加しましょう。
ウミガメ出現スポットは、ガイドに案内してもらえれば出会える確率アップです!

ビーチから自力で会うのは難しい?

ツアー参加せず自力でウミガメに会うことも不可能ではないですが、石垣島の海に詳しいガイドと一緒の方がより確実です。
潮の流れがはやく気付いたら流されていたという事故もあるので、シュノーケリングやダイビングの経験が浅い人は要注意。
ウミガメが見られるスポットも案内がないと分かりずらいことも多いので、あまり1人や自力はおすすめしません。

ウミガメと高確率で出会う方法

結論から言うと、現地マリンショップなどのツアー参加がおすすめです。
ウミガメは自然の生き物なので、とても繊細です。
素人感覚で探すよりプロのガイドがいた方が確実です。
ウミガメと出会えるスポットは色々ありますが、ビーチのような浅瀬より水深があるところで寝ていることも多く、そこまで行くのも難しい場合があります。
リーズナブルなツアーも多いので、ぜひ安全にウミガメに会いに行ってくださいね。

石垣島のウミガメ:まとめ

石垣島でウミガメに会うには、時期と場所を選べば高確率で会えます!
日本はウミガメにとって産卵する大事な場所でもあり、石垣島では3種類ものウミガメを見ることができます。
自然が相手なので、安全のためにも海を熟知したガイドと一緒にいた方が安心!
浅瀬より沖側にいることが多いので、自力で行こうとせずツアーに参加することをおすすめします。

ウミガメは絶滅が危惧されている動物です。
ついつい触りたくなりますが、そこはぐっとがまんです!
近くにいても、そっと見守ってあげてください。

石垣島のかわいいウミガメに出会える感動を、みなさんぜひ味わってみてくださいね♪